ブログの見出しの書き方4選【SEOに効果アリ】

ブログの見出しの書き方4選【SEOに効果アリ】

  • 見出しって重要なの?
  • 見出しの書き方が分からない

こんな悩みを解消します。

ブログの見出しはある書き方をすることでSEO効果を最大限に最大限に引き出すことができます。

 

この記事では実際にブログ運営をしてみて分かった「見出しの重要性」から「見出しの書き方」について解説します。

 

✓記事の内容

  • 見出しの重要性
  • 見出しを書くコツ4選

ブログの見出しの重要性

ブログの見出しの重要性

見出しの重要性としてはh2〜h6までのhxのx部分が小さいほどSEOに効果があります。

 

期待されるSEO効果

h1>h2>h3>h4>h5>h6

このようにh1に近づくほどキーワードをどういれるかという点がブログでの見出しにおいて大切な要素となります。

 

SEO効果も得れる

これらは、階層構造を正しく設定することで、検索エンジンの理解度を上げることができ、結果としてSEO効果をより期待することが可能です。

 

逆に、設定方法が良くないと、検索エンジンからの評価を下げることになります。

 

ユーザーも情報を得やすくなる

見出しの階層構造を正しく設定することはユーザーに対しても理に適っています。見出しを適切に書くことで、ユーザーの欲する情報が理解しやすく、最短でたどり着くのです。

 

結果、ユーザーの利便性につながり、SEOにも良い効果をもたらします。

 

見出しを書くコツ4選

見出しを書くコツ4選

見出しを書くコツは下記の4つ。

  • キーワードを細分化し、2キーワードを含める
  • pタグとセットで用いる
  • 使用する順番を考え、入れ子にする
  • titleやh1とかぶらないようにする

詳しく解説します。

 

キーワードを細分化し、2キーワードを含める

「Wordpressテーマ おすすめ」で上位表示を狙う場合、キーワードを細分化すると「Wordpress」、「テーマ」、「アフィンガー」となります。

この中から優先するキーワードを2つ含めることでSEOに効果的。

 

具体的には下記です。

HTMLのソースコード例

<h1>Wordpressテーマおすすめ</h1>
<p>・・・</p>
<h2>Wordpressおすすめ</h2>
<p>・・・</p>

上記の場合は「Wordpress」、「おすすめ」が3つの中で優先するキーワードだったため、<h2>で2つのキーワードを含めています。

 

キーワードを入れすぎるとGoogleのペナルティを受けてしまうので最大2つまでがベスト。

 

pタグとセットで用いる

見出しとその内容を表す段落のpタグを、セットで使うのが原則です。

<h2>・・・</h2>
<p>・・・</p>
<h3>・・・</h3>
<p>・・・</p>

 

見出しは文章を短く表した要約の文でもあり、ブログにおいて単独で見出しだけというのは階層構造としては成立しません。

 

使用する順番を考え、入れ子にする

文章の入れ子構造例

上記のように<h1>の下に<h2>、その下には<h3>がくるように配置することでユーザーも理解しやすい見出しとなります。

 

titleやh1とかぶらないようにする

それぞれが意味をなして使用されている以上、また、見出し同士で入れ子となる関係上、同じ文言ではいけません。

title ≠ h1 ≠ h2 ≠ h3 ≠ h4 ≠ h5

 

h2=h3になってしまうと、それは適切な見出しではなくなり、SEOとしては悪影響です。

見出しの階層構造を理解し、それらを順番に入れ子として見出しを設定しましょう。

 

まとめ

まとめ

見出しは文章を要約したようなものでもあり、「そこに何が書いてあるか」が明確に分かる必要があります。

適切な書き方、構造を理解し、SEOとユーザーへの効果を最大限高めていきましょう。

 

また、他の役に立つSEO記事を下にまとめていますのでご覧ください。

>> SEO記事一覧へ

 

Copyright© ヒラハラナオキのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.