メタディスクリプションの理想的な書き方【効果アリ】

ディスクリプションの書き方のコツを解【SEO対策】

  • メタディスクリプションってSEOに効果あるの?
  • どうやって書けばいい?

こんな悩みを解消します。

この記事では実際にブログ運営をしてみて分かった「メタディスクリプションの重要性」に加え、「効果のある書き方」を解説します。

 

結論、メタディスクリプションはSEOには効果はありません。しかし、アクセスupに繋がる可能性があります。

 

✓記事の内容

  • メタディスクリプションの重要性
  • メタディスクリプションの書き方

メタディスクリプションとは

メタディスクリプションとは

上記の赤枠の部分がメタディスクリプションとなります。別名スニペット。

 

メタディスクリプションの目的は以下の通り。

  • ページの概要説明
  • 検索結果に表示されクリック率に影響

 

検索された時はその該当キーワードは太字となります。そのため、ユーザーからは検索目的と合致するWebサイトだと判断し、クリック率に好影響を与えます。

参考

検索クエリと合致しない場合、まれにコンテンツ内部の意図しない部分が抽出され、表示する馬ありもあり

 

SEOに直接の効果はない

メタディスクリプションはSEOには直接は関わっていません。
しかし、メタディスクリプション部分の一部がタイトルとして用いられ検索結果のタイトルとして表示される場合があります。

 

なので、タイトルに関わっているからこそ非常に重要とも言えます。

ブログタイトルのつけ方【SEO最重要】
ブログタイトルのつけ方5つのコツ【SEO最重要】

続きを見る

 

メタディスクリプションの書き方のコツ

メタディスクリプションの書き方のコツは下記の4つです。

  • 文字数を意識
  • コンテンツ内容をコピペしない
  • 過剰にキーワードを埋め込まない
  • 具体的な数字を入れる

順番に紹介します。

 

文字数を意識

検索結果ではスマホでは約60字までしか表示されません。そのため、狙うキーワードは60字以内に持ってくるべき。

PC表示では約120文字まで表示されるので全体としては120文字程度にするのがおすすめです。

 

コンテンツ内容をコピペしない

コンテンツ内容のどこかの文章をコピー&ペーストするのはNG。

そもそもメタディスクリプションはコンテンツ内容の要約である必要があります。

 

なのでコンテンツの文章がそのままコピーであることはお勧めしません。

 

過剰にキーワードを埋め込まない

同じキーワードは2個までにとどめるべき。

過剰なキーワードはGoogleのペナルティを受ける可能性があります。

 

検索キーワードだと太文字になるので目立つのですが、過剰なキーワードは非常に危険となります。

 

具体的な数字を入れる

「30%OFF」などの具体的な数字を入れると目を引き、クリック率(CTR)に影響を与えます。

 

そのため、検索順位で負けていてもクリック率(CTR)は上という結果になることもありえます。

 

メタディスクリプションの書き方:まとめ

他のSEO対策と比べると効果は低いですが、メタディスクリプションの書き方でアクセス数が変わることもあります。

 

今のうちに理想的な書き方を覚えておきましょう。

この記事が参考になれば幸いです。

また、他の役に立つSEO記事を下にまとめていますのでご覧ください。

>> SEO記事一覧へ

Copyright© ヒラハラナオキのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.